水性エポキシ樹脂配合 / 無機質浸透性防水材
エポミックス#100は、無機質浸透性防水材エレホン#100をベースに、エポキシ・アクリルエマルジョンを配合 した複合型浸透性防水材です。
コンクリート表層部の毛細管閉塞効果とエポキシ・アクリルエマルジョンによる成膜効果により二重の防水層 を形成するため、優れた防水性能を示します。

  特  長

● 毛細管中に浸透した珪酸質系活性化超微粒子及びエポキシ・アクリルエマルジョンが反応硬化し管内を閉塞
  するため、コンクリート表層部に防水層を形成します。
 
● エポキシ・アクリルエマルジョンの成膜により、エポキシエマルジョン単体では得られない塗膜防水層を形成し
  優れた防水効果を発揮します。

● エポキシ・アクリルエマルジョンの使用により耐薬品性及び耐海水性に優れています。

● ライトグレーに調色されており、新設コンクリートの風合いを損なうことなく美観的にも優れています。

● 有機溶剤を一切含んでいないため、安全に施工を行うことができます。


  用  途

● 農業集落排水処理施設
 
● 下水処理層

● し尿処理場等

● その他あらゆるコンクリート構造物の防水に

施工前
施工後

  荷  姿
粉袋
10kg
混和液 主剤
3kg
混和液 硬化剤
1kg
混和液 粘度調整剤
1kg
混和液 セットケース
5kg

  配合及び材料使用量
配  合 コテ塗り ハケ塗り吹付
紛  体 10kg 10kg
EM100
混和液
主剤 3kg 3kg
硬化剤 1kg 1kg
年度調整剤 0.5kg〜1kg 1kg
u使用量 1.5kg(2回塗り合計使用量)

  施工要領
下地処理 欠損、亀裂、ジャンカ、漏水等の欠陥部があれば、予め処理を行って下さい。
施工面の汚れやレイタンス等をサンダーで除去し、研磨粉を水洗いにより取り除いて下さい。
塗り付け コンクリートが乾燥している場合は水内を行い、エポミックス#100を塗り付けます。
又、結露等により、コンクリート面に水滴が付着している場合は、布等でふき取って下さい。
  ●下塗り : コテ又はハケで0.75kg/u塗布して下さい。
  ●上塗り : 下塗りが乾燥した後、同様に0.75kg/u塗布して下さい。
注  水 上塗り終了後、最低3日間の養生を行ってから注水して下さい。

  使用上の注意
● ご使用に際してはSDS(安全データシート)をよく読んで下さい。
● 取り扱い時は、保護手袋、保護眼鏡、防塵マスク等の適切な保護具を着用して下さい。
● 製品は直射日光、湿気を避けて5℃〜35℃で保管して下さい。
● 飲料用水槽、養魚用水槽には使用できません。
● 製品は冬用と夏用があり、その使用期間の目安は、冬用が10月〜4月、夏用が4月〜10月です。
● 本製品は亀裂に対する追従性はありません。
● 結露により硬化不良を起こすことがありますので、結露が考えられる場合は通風等の結露防止策を行って下さい。
● 施工中や養生中に5℃以下になることが考えられる場合は、採暖を行い施工、養生温度を5℃以上に保って下さい。
● 長時間直射日光が当たる場合や強風が当たる場合は、シート養生を行って下さい。
● 一度練った材料の練り返しは、物性が低下しますので絶対にしないで下さい。
● 目に入った場合は、直ちに水で数分間注意深く洗い、眼科医の診断を受けて下さい。
● 皮膚に付着した場合は、多量の水と石鹸で洗浄し、湿疹や炎症の兆候が見られる場合は、医師の治療を受けて下さい。
● 廃棄する場合は、許可を受けた産業廃棄物処理業者に委託して下さい。
● 本資料の技術情報は、当社の試験・研究に基づいたもので、信頼しうる情報と考えられます。しかし、記載の諸性能及び特性等は、施工条件等により異なる結果を生じることがあります。
● 既存下地、施工環境、気候等様々な施工上の問題がありますので、ご使用の際は当社営業担当者へご相談下さい。