商品一覧  ■防水関連        <<<Top

< 水性エポキシ樹脂配合 無機質浸透性防水材 >
  エポミックス#100 
(JARUS型農業集落排水処理施設コンクリート防食指針(案)「エポキシエマルジョンを混和剤とする無機質浸透性防水材」 適合)

エポミックス#100」は、無機質浸透性防水材「エレホン#100」をベースに、水性エポキシ・アクリル樹脂を配合した複合型浸透性防水材です。
コンクリート表層部の毛細管閉塞効果とエポキシ・アクリル樹脂による成膜効果により2重の防水層を形成する為、優れた防水性能を示します。


< 特  徴 >
■ エポキシ・アクリル樹脂使用により、耐薬品性・耐海水性に優れています。
■ エポキシ樹脂単体では得られない塗膜防水層を形成し、優れた防水効果を発揮します。
■ 有機溶剤を一切含んでいない為、安全に施工を行うことができます。
■ ライトグレーに調色された防水層は、美観的にも優れています。


< 用  途 >
■ 農業集落排水処理施設
■ 下水処理現場
■ し尿処理場
■ その他、あらゆるコンクリート構造物の防水に
施工前
施工後


< 荷  姿 >
エポミックス#100
エポミックス#100パウダー 混和液梱包ケース EM#100混和液
15sセット
エポミックス#100パウダー 10s
EM#100混和液 主剤 3s
硬化剤 1s
粘度調整剤 1s


< 施工方法 >
1. 下地処理 欠損、亀裂、ジャンカ、漏水等がある場合、予め処理を行う。
2. 下地清掃 施工面の汚れやレイタンス等をサンダーで除去し、水洗いを行う。
3. 下地吸水調整 下地が乾燥状態の場合、十分な水打ちを行うか、EM#100混和液を塗布する。
<ピンホールの発生を抑える為に、吸水調整は必ず行なう>
4. 調   合 @ 「EM#100混和液」の主剤及び硬化剤を先に撹拌。
A
 @に「エポミックス#100パウダー」を加えハンドミキサーで再度撹拌。
B コテ塗り、ハケ塗り、吹付け等の施工方法により、粘度調整剤を適量添加。

施工方法 エポミックス#100パウダー EM#100混和液
主剤 硬化剤 粘度調整剤
コテ塗り 10s 3s 1s 0.5〜1s
ハケ塗り・吹付け 10s 3s 1s 1s
5. 塗り付け 規定配合で調合したエポミックス#100をコテ・ハケ・吹付け等で塗布する。

塗布量 1.5s/u(2回塗り)

下塗り シゴキ付けるようにしっかり塗布する。 (使用量:0.75s/u)
※1回目の塗布は硬練りでコテでの施工をお奨めします。
(ピンホール等の発生を抑える為)
.
上塗り 下塗り乾燥確認後、同様に塗布する。 (使用量:0.75s/u)

< リシンガン等で吹付けながらコテ・ハケで仕上げていくと効率良く施工が出来ます。>
6. 養   生 上塗り終了後、最低でも3日間の養生を行う。
< 但し、現場状況により養生時間の変更が必要な場合があります。>
7. 注意事項 ■ EM#100混和液以外の樹脂は使用しないでください
■ 他のセメント、骨材、混和材等の混入は避けてください
■ 調合は規定通り行い、過度の混練は避けてください
  (混練時間 2分程度)
■ その他、不明な点等ございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせ下さい。


< 性  能 >
適合試験結果
JARUS型農業集落排水処理施設コンクリート防食指針(案)「エポキシエマルジョンを混和剤とする無機質浸透性防水材」準拠
項  目 品質規格 試験結果
容器の中での状態 粉   体  堅い塊がなく外観に異常がないこと 異 常 な し
樹 脂 液  かき混ぜたとき、塊がなく、一様なこと 異 常 な し
接 着 強 さ 標準状態  10sf/p2以上 25.0sf/p2
浸 漬 後  10sf/p2以上 23.6sf/p2
耐 ひ び 割 れ 性  ひび割れが発生しないこと 異 常 な し
耐  衝  撃  性  割れ、はがれがないこと 異 常 な し
耐    久    性  割れ、ふくれ、はがれがなく、付着強さが8sf/p2以上 異 常 な し
20.5sf/p
2
透    水    性  0.2g以下 0.15g
耐    酸    性  pH4の硫酸溶液に30日浸漬しても外観に異常がないこと 異 常 な し
※ 上記数値は標準数値で保証数値ではありません。



エレホン・化成工業株式会社