エポキシ・アクリルエマルジョン配合コンクリート表面コート材
エポミックス7000コートは、セメント系微粒子粉袋にエポキシ・アクリルエマルジョンを配合した 複合塗膜コンクリート表面コート材です。エポキシ樹脂の持つ耐水性及び接着性能、アクリルエマルジョン の持つ透水や通気性抑制効果により、躯体防水はもちろんのこと、中性化や凍害抑止 などコンクリート保護にも優れた効果を発揮します。
 
 特 長 
■ 適度なレベリング性を有し、壁面でもダレることなく、ローラー毛跡が消えて、平滑な仕上げができます。 また、ライトグレーに調色された塗膜は、コンクリート構造物の風合いをそこなうことなく、美観的にも優れています。
■ エポキシ・アクリルエマルジョンの成膜により、エポキシ樹脂単体では得られない防水層を形成し、優れた防水効果を 発揮します。
■ アクリルやEVA系エマルジョンを単独配合した塗膜防水材によく見られる液相部での膨れや剥がれがないため、 保護材が不要です。
■ コンクリートやモルタルの中性化や凍害抑止に効果があります。
 用 途 
● コンクリート耕造物の防水及び美装
● 新設コンクリート構造物の中性化保護
● 改修工事における断面修復の中性化保護
● 寒冷地でのコンクリート構造物の凍害抑止
● コンクリート構造物の塩害抑止
 荷 姿 
粉袋        8kg

樹脂 主  剤  3kg
硬化剤      1kg
 施  工  例
施工前 施工中 施工後
試験方法は、普通モルタル(S/C=3)を75Φ×150hの円柱枠に鋳込み24時間後に脱枠し、 エポミックス7000コートをローラーで2回塗り(塗り厚約0.7mm)し試験体とした。 この試験体と無塗布の試験体を屋外で12ヶ月間暴露後割裂けし、フェノールフタレイン液を 吹きかけ、中性化深さを測定した。
塗布 無塗布
1 下地処理 ■ 巣穴(アバタ)がある場合には、あらかじめEM7000コートを硬めに練り、ゴムヘラで充填する。 下地を洗浄し、埃、レイタンス、エフロ等を除去する。
2 プライマー塗布 ■ コンクリート表面が乾燥するか水滴がなくなった段階でEM混和液をハケ・ローラー等で塗布する。
   ※急ぐ場合は水滴をウエス等で良くふき取りEM混和液を塗布する。

 プライマー用配合
 EM混和液  主剤 3kg
 EM混和液 硬貨剤 1kg
 水 4kg
 水希釈液使用量 0.2kg/u

■ ハンドミキサ−でよく撹拌しロ−ラ−又はハケで塗布する。
■ 最低でも1時間以上養生し、指触乾燥後、EM7000コートを施工する。
3 EM7000コート
(1回目塗り)
■ EM7000コートをローラーで0.5Kg/m2(約0.3mm厚)塗布する。
   ※伸ばし過ぎると厚みが確保できないので注意して下さい。
 
配     合 主剤3kgと硬化剤1kgをハンドミキサー等でよく攪拌して下さい。

その後、粉袋8kgを加え更に攪拌して下さい。

状態が硬いようであれば、最大1.0kgまで水を加えて調整して下さい。
粉 袋 8kg
主 剤 3kg
硬化剤 1kg
0.0kg〜1.0kg
練上り量 7.23g
積算比重 1.66

4 養生 ■ 1回目塗布後2〜5時間程度養生します。2回塗り以上は、2回目の塗布を行います。
5 EM7000コート
(2回目塗り)
■ 1回目と同様に0.5kg/u(約0.3mm厚)塗布する。ピンホールが残らないよう丁寧に塗布する。
6 注水 ■ EM7000コート施工後3日間の養生で注水が可能です。
● 3回目塗りの場合も同じ工程を繰り返してください。
● 施工環境は気温5℃〜35℃、湿度50%〜結露を生じない範囲にて行って下さい。
● ローラー塗りの場合、塗り厚が薄くなる傾向があります。必ず0.9mm以上を確保して下さい。
● 防火水槽等閉所での施工では、結露により硬化が遅れることがあります。施工後も換気装置による運転を続けて下さい。
● EM7000コート混練後20分以内で使いきって下さい。
ローラー塗り回数と使用目的
工法名 使用目的 u使用量(kg) 塗り厚(mm) 施工面積
EMC−1 仮防水・美装 0.5 0.3以上 24u
EMC−2 防水・中性化抑止・凍害抑止 1.0 0.6以上 12u
EMC−3 防水・中性化抑止・凍害抑止・塩害抑止 1.5 0.9以上 8u
特   殊 上記用途のうち耐磨耗性が要求される用途 2.0 1.2以上 6u
H25.8