超速硬性セメント・モルタル
スピリットは、特殊硬化メカニズムを持つ超速硬性セメント・モルタルです。
いったん硬化が始まると10分から15分で硬化体となり、わずか3時間で実用強度にまで達します。
スピリットには、現場調合用のセメントタイプと既に調合されたモルタルタイプがあります。
また、混入用の専用樹脂、スピリットシーラーがあります。
 
特   長
◆施工後約1時間で硬化、3時間後には実用強度に達します。
◆普通ポルトランドセメント製品とは異なり、短期間で高強度を発現することが可能です。
◆ポゾラン物質の添加により長期間強度が増進します。
◆耐摩耗性、耐衝撃性があり、重荷重や損傷の大きい箇所への施工が可能です。
◆セメントタイプと既調合モルタルタイプが選べます。
◆必要に応じて専用樹脂スピリットシーラーを使用できます。
 
用   途
●工場、倉庫、駐車場などの床面補修及び改修工事
●店舗改装等できるだけ工期を短縮したい工事
●護岸工事
●鉄道関係のコンクリート構造物補修
●冷凍・冷蔵庫内の補修工事、寒冷地・冬期の工事
●ウレタンシート等の下地の不陸調整
●貯水槽、処理槽等の改修・補修工事
 
荷   姿
スピリットセメント スピリットモルタル スピリットシーラー
20kg 25kg 18kg 4kg
ERボンド#55
18kg set 3.6kg set 1.2kg set
 
施 工 要 領
@ 下地処理
浮きや劣化部、汚れ等をサンダーケレン、はつり、高圧洗浄等により除去します。

A 接着剤塗布
規定配合のERボンド#55を塗布し、タックが出るまでお待ち下さい。
※タック発生時間の目安は、夏期では10分から20分程度で、冬期は20分から40分程度となります。

B 混  練
硬化が早いので使い切れる量を考慮して混練を行って下さい。 硬化遅延剤(製品袋内に同梱)を使用する場合は、硬化遅延剤を水に溶かしてから混練して下さい。
※気温が30℃を上回る場合は硬化遅延剤の使用を推奨いたします。

C 塗り付け
ERボンド#55のタックを確認後、スピリットを薄くシゴキ塗りしてから、所定の厚みに塗布して下さい。 塗布後、硬化の具合を見ながらコテ押えを行って下さい。

D 養  生
雨水等があたらないように、注意して養生を行って下さい。
 
配合及び材料使用量
スピリットモルタル スピリットセメント
配合 紛体 25kg スピリットセメント20kg+砂30kg
3.8kg〜4.0kg 7.5kg〜8.0kg
積算比重 1.80 ---
製品1袋あたりの練り上がり量 13.9g 27.8g
塗り厚別
製品使用料
(kg/u)
3o 5.4 2.2 ※
5o 9.0 3.6 ※
10o 18.0 7.2 ※
20o 36.0 14.4 ※
30o 54.0 21.6 ※
1m3の使用量 72袋 36袋 ※
※ 使用量に砂は含まれていません。
 
スピリットシーラーの配合
紛体 スピリットシーラー
スピリットモルタル 25kg 1kg 2.8kg〜3.0kg
スピリットセメント スピリットセメント20kg+砂30kg 2kg 5.5kg〜6.0kg
 
使用上の注意
●ご使用に際してはMSDNをよく読んで下さい。
●製品は、直射日光や湿気を避けて0℃から40℃にて保管して下さい。
●スピリットセメントには、「冬用」・「夏用」があり、スピリットモルタルには、「A(冬用)」・「B(夏用)」 があります。冬用は、10月から4月、夏用は5月から9月が使用期間の目安です。
●接着剤として、ERボンド#55を使用して下さい。
●スピリットシーラー以外の樹脂は使用しないで下さい。
●練り水は水道水の水質と同質のものを使用して下さい。不純物が硬化時間に影響する場合があります。
●練り水を過剰に加えないで下さい。(物性が低下します。)
●高温時は硬化遅延剤の利用や状況によっては、冷水の使用をご検討下さい。
●目に入った場合は直ちに水で数分間注意深く洗い、眼科医の診断を受けて下さい。
●皮膚に付着した場合は多量の水と石鹸で洗浄し、湿疹や炎症の兆候が見られる場合は医師の治療を受けて下さい。
●閉所で使用する場合は換気を十分に行って下さい。
●廃棄する場合は、許可を受けた産業廃棄物処理業者に委託して下さい。