エレホン・グラウトシリーズ 無収縮・高強度グラウト材
エレホン・グラウトは、プレミックスタイプの無収縮高強度グラウト材です。弊社開発の無収縮技術や 特殊膨張システムを採用することによで、長期に渡る容積安定性、ならびに高性能減水剤を配合し紛体 の粒度を調整することで、高流動性や高強度を実現させました。
エレホングラウトシリーズには、汎用タイプのグラウトU、微細骨材をミックスしたグラウトT、 超微粒子高性能無機系注入材エレホン・ファインショットマイクロ超速硬性のグラウトQを取りそろえ、間隙充填の選択性を高めています。 構造物の間隙充填施工にぜひお役立て下さい。
 
  特  長
● 【 流動性 】
  高性能減水剤を配合し紛体の粒度を調整したことで、高い流動性を実現しました。
 
● 【 無収縮性 】
  混練終了後から強度が発現し始めるまでの間に、僅かに膨張するように設計しております。硬化後は、膨張や
  収縮を生じません。そのため、充填後の沈下や収縮がなく、長期に渡って安定した無収縮性が持続します。

● 【 ノンブリージング 】
  特殊な混和剤を配合することで、ノンブリージング性を実現させました。ブリージングがないため空隙が残りま
  せんので、逆打ちや逆巻き工法でも空隙処理が要りません。
  用  途
種  類 荷  姿 最 大 粒 子 径 適 用 空 隙 用  途
グラウトU
(一般充填用)
25kg/袋 2.0mm 10mm〜300mm ● 土木や建築の一般充填用
● 逆打ちや逆巻きのグラウト用
● 貫通部空隙の充填
● 鉄骨や鉄塔の据付用
● 橋梁や機械、プラントの基礎
グラウトT
(細部充填用)
25kg/袋 0.5mm 3mm〜50mm ● 土木や建築の細部充填用
● 差し筋固定
● 打設不良による空隙充填用
  配合及び材料使用量
種類 グラウトU グラウトT
配合 紛体 25kg 25kg
4.4kg ※
4.9kg ※
練上り量 14.3g 14.3g
積算比重 1.75 1.75
m3 70袋 70袋
※必要水量は、温度やミキサーの回転数等により若干増減します。
  施 工 要 領
清 掃 必要に応じて下記の清掃を行って下さい。
 ●施工面の汚れを除去
 ●施工面にこびりついた油は、可能な限り洗浄
前準備 必要に応じて、型枠を設けて下さい。
吸水調整 水打ちやERシーラー2.5倍希釈液によるシーラー処理を推奨します。
シーラー処理をした場合、次工程までの養生時間は1時間以上です。
混練 グラウトをグラウトミキサーやハンドミキサーなどで撹拌します。
1袋以上混練する場合の撹拌時間の目安は、高速ミキサーで2分、最速ミキサーで4分、
1/2袋混練の場合は、高速ミキサーで1分30秒、低速ミキサーで2分です。
(撹拌時間はミキサーの種類、回転数や混練量等により調整して下さ。)
施 工 撹拌したグラウトを流し込やモルタルポンプ等で注入します。
充填、注入は片側から施工して下さい。
充填、注入を始めたら中断せずに最後まで続けて下さい。
撹拌後30分以内に使い切って下さい。外気温25℃以上の場合は、20分以内に使い切って下さい。
急激な乾燥による表面のひび割れ防止のため、露出面は硬化前にコテ押えを行って下さい。
養 生 硬化後はグラウト露出部を濡れたむしろや布で覆い、急激な水分の蒸発を防ぎ、3日以上養生して下さい。
  使用上の注意
● ご使用に際してはMSDS(製品安全データシート)をよく読んで下さい。
● 製品は直射日光、湿気を避けて5℃から35℃で保管して下さい。
● 練り水は、水道水水質同等のものを使用して下さい。
  不純物が硬化時間等に影響を与える場合があります。
● 練り水は物性が低下するため、規定量を超えて加えないでいで下さい
● 可使時間は30分です。気温25℃以上の場合では、20分となります。
● 1回の撹拌量は、可使時間以内に充填、注入できる量として下さい。
● 物性が低下するため、一度練った材料の練り返しは絶対にしないで下さい。
● 高温時は硬化遅延剤や、状況により冷水の使用を検討して下さい。
● 低温時は凍害の恐れがありますので、採暖やシート養生を行って下さい。
● 長時間直射日光が当たる場合や強風の場合は、シート養生を行って下さい。
● 目に入った場合は、直ちに水で数分間注意深く洗い、眼科医の診断を受けて下さい。
● 皮膚に付着した場合は、多量の水と石鹸で洗浄し、湿疹や炎症の兆候が見受けられる場合は、医師の治療を
  受けて下さい。
● 閉所で使用する場合は、換気を十分に行って下さい。
● 廃棄する場合は、許可を受けた産業廃棄物処理業者に委託して下さい。
● 型枠を設けて施工し短時間で脱型する場合、型枠脱型後の施工部分が気中に広く接するような部材であると
  乾燥による影響を受けやすくなります。
  型枠脱型までの養生期間を長く設けたり、急激に水分が蒸発しないような対策を施して下さい。
● 施工条件、下地の状態、施工環境、気候等様々な要因で性能を十分に発揮できない場合がありすので、弊社
  営業担当者へご相談下さい。